ブログ一覧


店舗撤去・移転する際の注意点

店舗撤去・移転する際の注意点

 

店舗を別の場所へ移転。

雰囲気を変えるためにリニューアル。

店舗の閉店。
様々な理由で、店舗にある設備、備品が不要になることがあります。
お困りの時は、片付けの専門業者に任せるのがよいでしょう。
このようなお問い合わせはファーストクリーニングでも頂いております。
なぜ、業者に任せるのが良いのかを説明していきます。

 

 

●店舗の片付けを業者に依頼するメリット
店舗用の設備では一般家庭に比べて大型のものが多いです。
店舗、オフィスで使用していたテーブルや椅子、ソファ、棚は、一見、自宅で使用すればよいのではないかと考えてしまいがちです.
しかしながら店舗用のものは大人数で使用する前提なのでサイズが大きいものがほとんどです。
いざ一般家庭で使おうとしても自宅スペースに入りきらないものが多いです。
また、仮に自宅にもちこめたとしても、大きいので持ち運ぶのに一苦労してしまいます。
どちらにしても処分することは困難なことが予測されます

 

 

●不用品処分にかかる費用
不要品の回収にかかる費用感としては、住宅などのゴミを引き取ってもらうケースとほとんど変わりありません。
一般的な相場だと、軽トラック1台分で3~5万円、2トントラックだと8~10万円程度になってきます。

料金的には、処分代と作業にかかった手間賃を業者に支払います。

店舗専門の片付け業者は、回収したものの中にリサイクルできそうなものがあった場合リサイクルも含め見積もりを行い、その分の料金を支払いから差し引いてもらえます。
店舗を閉店する場合、それまでに使っていた備品や設備はリサイクルできるものが多い場合があります。
処分するものによっては予想もしないほど高額で引き取ってもらえることがあります。
業者を選びとして、まずリサイクル料を割り引いてくれることも大事になってくると思います。

そのため、一般的な業者にお願いする場合よりも処分にかかる費用が格段に安くなる場合が多いです。
値引き金額は、店舗や大きさによって変わってくるので、何よりも見積りをまず取りましょう。
店舗となれば普通のお宅より出費も大きくなることが多いので相見積もりを取ることを強くおすすめします。
仮に買取金額が高かったとしても、元の回収金額が更に高かった場合は意味がありません。
バランスをしっかり考慮し、業者を選別するとよいでしょう。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 株式会社ファーストクリーニング. All rights Reserved.